100年キャリアを共に

100年キャリアを共に

受講可能な講習について
(人・組織・社会へ働きかけるための100年キャリア講座)

厚生労働省認可更新技能講習申し込み

技能講習は5年間に20時間または30時間分(※)の受講が必要です。プロフェッショナルのために用意された厚生労働省認可講座から自由に組み合わせて受講してください。

厚生労働省認可更新知識講習申し込み

5年ごとの国家資格更新のためには、技能講習とは別に知識講習の8時間分の受講も必要です。通信、通学を組み合わせたコースが利用できます。


開催予定の更新講座一覧

知識講座

【A-3-1】キャリアコンサルタント更新講習C 通信(知識講習)

厚生労働省指定講習。規定の知識講習8時間を全て通信で完了できます。全国どこからでも、開講中であれば途中からでも受講可能です。

日時2018年9月29日
場所全国で受講できます
【A-2-2】キャリアコンサルタント更新講習B 通学+通信(知識講習)

厚生労働省指定講習。規定の知識講習8時間を4時間の通信と4時間の通学で修了できるフレキシブルな講習です。日時は通学講座開催日です。

日時2018年10月7日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
【A-2-1】キャリアコンサルタント更新講習B 通学+通信(知識講習)

厚生労働省指定講習。規定の知識講習8時間を4時間の通信と4時間の通学で修了できるフレキシブルな講習です。日時は通学講座開催日です。

日時2018年9月30日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
【A-1-2】キャリアコンサルタント更新講習A 全通学(知識講習)

厚生労働省指定講習。規定の知識講習8時間を1日の通学で修了可能です。

日時2018年10月6日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
【A-1-1】キャリアコンサルタント更新講習A 全通学(知識講習)

厚生労働省指定講習。規定の知識講習8時間を1日の通学で修了可能です。

日時2018年9月29日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)

技能講座

【A-13-2】パーソナリティー特性を意識したコミュニケーション力の強化 ~ 面談スキルの向上/コミュニケーション方法の改善/組織力の強化~(技能講座)

6時間(通信0.5時間+通学5.5時間)。

日時2018年7月29日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師奥田英二(メーカー人事部)
【A-13-1】パーソナリティー特性を意識したコミュニケーション力の強化 ~ 面談スキルの向上/コミュニケーション方法の改善/組織力の強化~(技能講座)

6時間(通信0.5時間+通学5.5時間)。

日時2018年7月8日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師奥田英二(メーカー人事部)
【A-11-2】新任管理職へのキャリアコンサルティング(技能講座)

5時間(通信1時間+通学4時間)。

日時2018年7月23日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師櫻井恵里子(西武文理大学講師、元オリエンタルランド人材トレーナー)
【A-11-1】新任管理職へのキャリアコンサルティング(技能講座)

5時間(通信1時間+通学4時間)。

日時2018年7月7日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師櫻井恵里子(西武文理大学講師、元オリエンタルランド人材トレーナー)
【A-10-2】IT人材のキャリアコンサルティング(技能講座)

7時間(通信1時間+通学6時間)。

日時確定次第、ご案内いたします
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師高橋雅明(キャリア創造塾代表)
【A-10-1】IT人材のキャリアコンサルティング(技能講座)

7時間(通信1時間+通学6時間)。

日時確定次第、ご案内いたします
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師高橋雅明(キャリア創造塾代表)
【A-9-2】ダイバーシティ テレワーク活用の雇用促進(技能講座)

5時間(通信1時間+通学4時間)。

日時確定次第、ご案内いたします
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師倉持利恵(株式会社テレワークマネジメント テレワークコンサルタント)
【A-9-1】ダイバーシティ テレワーク活用の雇用促進(技能講座)

5時間(通信1時間+通学4時間)。

日時確定次第、ご案内いたします
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師倉持利恵(株式会社テレワークマネジメント テレワークコンサルタント)
【A-8-2】労災から理解する職場とメンタル疾患の関係性(技能講座)

9時間(通信2時間+通学7時間)。

日時2018年7月22日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師高橋健(たかはし社会保険労務士事務所代表)
【A-8-1】労災から理解する職場とメンタル疾患の関係性(技能講座)

9時間(通信2時間+通学7時間)。

日時2018年7月6日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師高橋健(たかはし社会保険労務士事務所代表)
【A-7-2】ダイバーシティ 障害年金の活用(技能講座)

5時間(通信1時間+通学4時間)。

日時2018年8月3日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師松山純子(YORISOU社労士法人代表)
【A-7-1】ダイバーシティ 障害年金の活用(技能講座)

5時間(通信1時間+通学4時間)。

日時2018年7月21日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師松山純子(YORISOU社労士法人代表)
【A-6-2】ダイバーシティ 人・組織・社会への働き掛け(技能講座)

5時間(通信1時間+通学4時間)。

日時2018年7月6日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師成澤俊輔(NPO法人FDA理事長)
【A-6-1】ダイバーシティ 人・組織・社会への働き掛け(技能講座)

5時間(通信1時間+通学4時間)。

日時2018年7月5日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師成澤俊輔(NPO法人FDA理事長)
【A-5-2】ダイバーシティ 専門職ネットワークの構築(技能講座)

8時間(通信2時間+通学6時間)

日時確定次第、ご案内いたします
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師入山詩予(パソナキャリアCS事業部 生涯キャリア支援協会チーム/精神保健福祉士)
【A-5-1】ダイバーシティ 専門職ネットワークの構築(技能講座)
日時確定次第、ご案内いたします
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師入山詩予(パソナキャリアCS事業部 生涯キャリア支援協会チーム)
【A-4-2】キャリアコンサルタントのための独立支援AtoZ(技能講習)

10時間(通信3時間+通学7時間)。独立起業をキャリアプランの選択肢に取り入れる人が増えている。本講座では、独立起業を検討したいクライアントの意思決定プロセスを支援する技能を学び、さらに、その先の起業実行段階に向けてアドバイスができるまでの実務レベルの知識習得を目指す。

日時2018年7月22日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師坂井清明(パソナキャリアCS事業部セカンドライフ支援部長)
【A-4-1】キャリアコンサルタントのための独立支援AtoZ(技能講習)

10時間(通信3時間+通学7時間)。独立起業をキャリアプランの選択肢に取り入れる人が増えている。本講座では、独立起業を検討したいクライアントの意思決定プロセスを支援する技能を学び、さらに、その先の起業実行段階に向けてアドバイスができるまでの実務レベルの知識習得を目指す。

日時2018年7月4日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師坂井清明(パソナキャリアCS事業部セカンドライフ支援部長)

開催予定の無料セミナー一覧

【D-3】100年キャリア時代の人財育成
日時2018年6月5日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師坂本 光司氏(経営学者、人を大切にする経営学会会長、元法政大学大学院教授)
【D-2】100年キャリア時代を担う独立起業支援
日時2018年5月30日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師坂井清明(パソナキャリアカンパニー キャリア支援事業部門セカンドライフ支援部長)
【D-1】無料セミナー 100年キャリア時代の就労困難を支えるソーシャルサポートネットワーク
日時2018年5月28日
場所新丸の内ビルディング(東京駅)
講師高橋健氏(特定社会保険労務士)、松山純子氏(社会保険労務士)、後藤宏氏(社会保険労務士)

よくあるご質問(Q&A)

Q1.
キャリアコンサルタントの国家資格を取得・登録済みですが、更新講習は必ず受けなければならないのですか?

A.

国家資格キャリアコンサルタントとして登録すると、5年に一度の更新が必要となります。

更新するための要件として38時間(一部技能免除がある場合は28時間)の更新講習受講が定められています。

更新を希望する限り、必ず受けなければいけません。

詳細は、厚生労働省「国家資格キャリアコンサルタントWEBサイト」https://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/update.htmlをご覧ください。

Q2.
試験に合格していますが、国家資格登録はしていません。更新講習は必ず受けなければいけないですか?

A.

更新講習は国家資格登録者・更新希望者を対象としていますので、未登録の方は受講義務はありません。(国家資格未登録の方は、試験合格者であっても「キャリアコンサルタント」という名称を名乗ることはできません)

詳細は、厚生労働省「国家資格キャリアコンサルタントWEBサイト」https://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/update.htmlをご覧ください。

Q3.
更新講習は結局何時間受ければよいのですか?28時間という人と38時間という人がいるので混乱しています。

A.

基本受講時間は38時間です。知識講習を8時間、技能講習を30時間、合わせて38時間の更新講習を受講・修了することが定められています。

しかし、以下いずれかの要件に該当する方は、その10時間分に限り、技能講習を受けたものと見なされますので、知識講習8時間+技能講習20時間=28時間となります。

<10時間を上限とした技能講習の免除要件(いずれか)>
・技能検定キャリアコンサルティング職種1級に合格したキャリアコンサルタントからキャリアコンサルティングの実務に関する指導を受けた時間がある
・キャリアコンサルティングの実務に従事した時間がある

詳細は、厚生労働省「国家資格キャリアコンサルタントWEBサイト」https://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/update.htmlをご覧ください。

Q4.
知識講習と技能講習の違いとは?

A.

知識講習は「キャリアコンサルティングを適正に実施するために必要な知識の維持を図るための講習」と定義された8時間の講習です。カリキュラムはあらかじめ厚労省から指定されており、業者による違いもそれ程ありません。

当生涯キャリア支援協会の「100年キャリア講座」では、様々な立場の方が受講しやすいよう、「8時間分全てを通学で受講するコース」「8時間分全てを通信で受講するコース」「通学4時間、通信4時間の半々で受講するコース」の3パターンを用意し、それぞれが厚労省から指定を受けています。

技能講習は、「キャリアコンサルティングを適正に実施するために必要な技能の維持を図るための講習」と定義され、多様な講習が厚労省からの指定を受けています。講習時間も様々なので、ご自身で時間数を組み合わせて20時間(または30時間)となるように受講内容を決定する必要があります。当生涯キャリア支援協会の「100年キャリア講座」では、ビジネス全般群、ダイバーシティ群の大きく2グループの中から、多様な面談場面に対応できるキャリアコンサルタントを育成することを目的とした実践的な内容の講座を提供しています。

詳細は、厚生労働省「国家資格キャリアコンサルタントWEBサイト」https://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/update.htmlをご覧ください。

Q5.
キャリアコンサルティング技能士は更新講習免除と聞いたのですが?

A.

キャリアコンサルティング技能士(1級、2級)の方でも、国家資格キャリアコンサルタント登録をしている方は、5年ごとの資格更新と更新講座の受講が必要です。

その上で、特例的な要件は以下の通りです。

  • 1級キャリアコンサルティング技能士の方は、必要とされる更新講習のうち技能講座(20~30時間)の受講が免除されます。
  • 国家資格キャリアコンサルタント登録後に1、2級キャリアコンサルティング技能士に合格した方は、技能士の合格から5年間に亘り、更新講習の受講が免除となります。
    なお、2016年4月以降に1級、2級キャリアコンサルティング技能士に合格した方がその合格から5年以上経過して初めて国家資格登録をする場合には、更新講習の受講が必要となります。
    (2016年3月以前に1級、2級キャリアコンサルティング技能士に合格した方は、2016年3月から5年間経過後以降)。

詳細は、厚生労働省「国家資格キャリアコンサルタントWEBサイト」https://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/update.htmlをご覧ください。

Q6.
これから国家試験を受けることを考えています。対策講座はありますか?

A.

これから国家資格を受験する方が受験資格をすでにお持ちの場合(実務経験3年以上等)、当生涯キャリア支援協会の「100年キャリア講座」が提供する「国家資格キャリアコンサルタント合格対策講座」を活用してください。

受験資格をまだお持ちでない場合は、当生涯キャリア支援協会の「100年キャリア講座」が提供する「国家資格キャリアコンサルタント養成140時間講習(厚労省指定)」を活用してください。 受験資格等は厚生労働省サイトの「キャリアコンサルタントになりたい方へ」をご覧ください。 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/career_consultant01.html

以上のQ&Aは、2018年4月時点で厚生労働省が発表した制度の運営情報に従って作成しています。 詳細かつ最新の情報については、各自で厚生労働省のホームページhttps://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/update.htmlを直接ご参照ください。